ベンヤミン、写真小史

以下はベンヤミン(Walter Benjamin、1892 - 1940)のエッセイ「写真小史」から、彼の言葉をもとにいくつかの論点を要約したものである。ここでは「ベンヤミン著作集2、複製技術時代の芸術」に収録された和訳を参照しているが、当エッセイはタイトルにある論文の内容を予見するかたちで、写真の歩みをアウラや複製というキーワードを通じて解読する。進行する芸術の大衆化の起因を写真がもつ複製技術と関連させ、複製化がもたらす芸術の変化をひとつの効用として、芸術の未来が示される。

芸術としての写真

写真が創作的な写真、すなわち芸術としてその最盛期に置かれた期間は、写真の産業化がはじまるまでの最初の十年程度に限られる。「写真としての芸術」は、写真が社会の現象に目覚めはじめる前であるからこそ存在できた様態である。芸術的な観念を近代技術から切り離そうとする思惑にそれが対抗しはじめると、芸術はその意味の変更を余儀なくされた。

写真に芸術性を付与させるのは、絵画には持ち得ない魔術的な価値を対象に付け加える、自然を独特なかたちで取得するその技術である。写真は、実際に見てはいても正確には捕捉できない瞬間の動作や対象の細部をつぶさに記録し、普段は見えないものを明確に描き出す。

だが初期の芸術としての写真において、カメラが対象の瞬間の内部へと向かわせ、それを強調できたのは、そのような技術によるものではなく、むしろその機能の未熟が求める長時間の露出によるものだ。対象への持続的な露光は、写真に偶然性を凝縮するような独自の時空を表現させるが、そのような写真では、鑑賞者の回顧を通じて、対象の過去に潜む未来があらわになる。

初期の芸術写真は視覚的無意識を表象する媒体として、動作を止めたり、細部を誇張することなく、写真空間を人間の意識とは別に無意識に浸透された空間として立ち上がらせることに成功していた。写真技術が発達する前、対象に課せられる努力(長時間のポースに耐える)と撮影技術のレベルとの一致が、写真の芸術性を支えていた初期の時代においては、写真家がカメラと同じレベルに立つことが可能だった。

アウラとその喪失

後にレンズが大口径化され露光時間が短縮されると、最明部から最南部へと向かう絶対的な連続性が失われ、明部と暗部との分離がもたらす、光が影のなかから湧き出る効果が喪失した。加えて、写真家の細密肖像画家というその出自を活かしたネガの修正技術の上達や、撮影時に行う様々な演出によって、被写体が発散する貴重な要素が失われて行った。

その要素というのがアウラである。アウラとは、それを透過する人間の視線に確信や満足感をもたらすある種の媒介であり、時間と空間がつくりだす、つかみどころのない、ひとつの特別な織物のような現象である。写真においてそのアウラを呼吸するためには、それが出現する瞬間や時間が対象の現象に関わるまで眼で追うことが要求される。写真平面からの明部の喪失とともに失われるアウラを追い求める写真家の種々の試みはすべて徒労に終わるのだが、このようなアウラの消失は、ブルジョアの現実逃避という社会の流れに合致する。

複製技術

複製技術の登場に伴う変化の一つとして指摘されるのが大衆の芸術作品への関わり方で、人々は作品を個人としてよりも、集団がもたらす産物として見るようになる。複製技術は、複製と同時に対象を縮小する技術でもあり、それが作品把握を容易にする。

実際に現代ではあらゆる事物の一回性が、複製によって克服されようとしている。事物を事物自身、それそのものとしてではなく大衆に近づける方法として、事物は画像(一枚の写真)としてではなく、複製(新聞等に掲載される複製写真)として入手されるようになる。画像には一回性とその持続性とが包まれるその一方で、複製には一回性と反復可能性が包まれる。複製とは対象にあるアウラを破壊し、一回限りのものから同じものをつくり出す知覚である。それは現実世界を察知するための知覚として、とりわけ社会の権力移動がなされる時代に必要とされる能力である。

現代では芸術写真よりも身近な対象の写真が重要視される。それは写真の社会的な機能を象徴する出来事であり、今まで顧みられなかった平凡な写真が「写真としての芸術」として、複製機能を活かし、新たな芸術として重要な意味を持ちはじめる。

今や、政治や科学から距離を置く、創作的かつ構成的な写真は、社会的な危機の増大に連れて、物神的性質を増大し続けている。その実体はもはや広告と化しており、対象を流行へと引き渡す単なる媒介以外の何物でもない今やその種の写真においては、対象の真実を単純に表現する以外に何も語ることはない。

参考文献
複製技術時代の芸術:ヴァルター・ベンヤミン、佐々木基一(訳)、晶文社、1970
ボードレール:ヴァルター・ベンヤミン、川村二郎・野村修(訳)、晶文社、1975

ベンヤミン

Top