カント: 歴史、理念と時間

以下は理念、歴史、時間等、カント(Immanuel Kant、1724 - 1804)の哲学における基本事項の概要を簡単にまとめたものである。代表的な三批判書ではなく、彼が一般向けに著した短いエッセイをまとめた小冊子を参照した。

歴史の意味

カントは歴史を、自然が人間に与えた理性と自由という素質が、人間の現象を通じて次第に展開される過程であると定義する。人間は自らの理性と自由な意思に目覚め、未開状態を脱し歴史をつくりはじめるのだが、そこには常に自然の意図が反映されている。

歴史が記述するものとは、人間の行動を現象とする、その展開過程である。人間の行動は人間の自由な意思のあらわれであり、それは現象として、普遍的自然法則によって規定されている。歴史を人間の現象の記述として追いかけ、歴史を人間の意思の自由に基づく諸々のはたらきの全体として考察することで、自由の規則正しい発展過程が発見される。不完全な個々の人間の姿を全人類の姿として総括し観察することで、歴史の絶えなる発展の様子が認識される。

人間の本質的な素質は緩慢で、個々の人間が示す現象は一見無規則で乱雑なものとしてあらわれる。だが、人間のそのような不合理な性質のなかにこそ、自然の意図が潜んでいる。一見無規則で乱雑な人間の行動だが、それは自然がその意図として仕組む計画に沿うものだ。歴史はそのような状況を映し出す。

カントが定める自然とは、超自然的、反自然的なものの対極に位置する自然である。自然とは、道徳的秩序でも物理的秩序でもないある種の秩序に属する法則にしたがい、経験的かつ必然的に発生したものだ。素性的なものとしての自然、人間を超出し世界を支配する神の意思や力として創造される摂理としての自然を軸に、歴史は開始する。神の業である自然のもとに、人間の本性である善を下地に始まる歴史は、次第にその性向に基づく快適の感情としての美的趣味へと発展する。

理念と永遠

現象を時間的なものだとすると、万物の終焉は、あらゆる事物の破滅をではなく、あらゆる時間の停止を意味することになる。このような時間に対立するものとして、カントは永遠を強調する。永遠は時間とのかかわりがなく、そこには始めも終わりもない。時間の不在とはあらゆる変化の否定であり、それは不変を意味している。したがって、そこには終焉もない。

理念とは、理性がその本性の要求として、自らの求めに応じて理性それ自体がつくり出す概念である。理念の対象は、現実的認識やわれわれの視界をことごとく超出するもので、理念に相当するものは現実の世界には存在しない。カントはこのような理念への到達を、時間の永遠への移行とからめて考察する。

時間の永遠への移行とは、理性が道徳的見地において自らのために自ら行なう、経験的なものから超越的なものへ移行であると解釈される。その移行において、われわれは時間的存在者である自らに可能な経験としての、時間の終わり(万物の終わり)に到達する。そこで時間的存在者は超感性的存在者へと変貌し、時間に成約されない存在として、その存続が開始する。カントはそのような変貌を、道徳的規定の経過にしたがう、あるいはそれに由来するものだと考え、道徳的経過を超感性的なものだと規定する。

カントのこのような思考に神秘的な趣を感じる者があるが、彼は神秘的なものを瞑想的なものとして切り離す。「虚無」に関して付け加えると、彼はそれを悟性の消滅、思惟の終焉として、「主観が神性と融合することで、自己の人格が減却し、神性の深淵の中に没入したと感じるところの意識」であると解釈する。

参考文献
カント:啓蒙とは何か、篠田 英雄(訳)、岩波書店、1974

カント

Top