クリス・ベイヤー、Photos in Black, White and Gray

クリス・ベイヤー(Chris Byars, 1970 -)はニューヨークをベースに活動するジャズサックス奏者、アレンジヤー、コンポーザーである。とりわけ1990年代の半ば以降、グリニッジビレッジから活動の場を拡大し続けるベイヤーだが、音楽家の家庭に育った彼のキャリアは長く、子供時代にはメトロポリタンオペラでシンガーを務めていたこともあると言う。彼は主流派の流れを尊重しながら新たな創作を試みるタイプのミュージシャンで、よくあるフュージョンやアンダーグラウンド、あるいはニューフリーといわれるジャズへの傾倒は見られない。

「Photos in Black, White and Gray」は、そうしたベイヤーのスタイルをストレートに反映するアルバムだ。シンプルで軽快なハード・バップのリズムに乗せた各曲だが、そこには現代の響きが加味されている。彼は自筆のライナーノーツに、「メロディーを自然に創造し、リズミカルにそのときの感情を表現しながら、この今という瞬間に概念をもって存在するという比類なく個性的な活動であり、その将来性が失われることは決してない」と記しているが、そうした彼のジャズに対する絶賛をこのアルバムは具体化する。

アルバムのタイトル、「Photos In Black, White and Gray」は、ライナーノーツを締め括る「For inspiration, I look to... Jimmy Lovelace, who wore only black, white and gray.」という一節からとられているようだ。ジミー・ラブレス(Jimmy Lovelace, 1940 - 2004)は、一見古風でモノトーンなジャズを愛する名ドラマーだった。

ベイヤーは翌年発表したアルバムで、彼の語彙を広げている。それはさながらジャズ版「展覧会の絵」と言う様相のアルバムで、「Jazz Pictures at an Exhibition of Himalayan Art」というそのタイトルが示すように、標題音楽として様々な展示品の印象が各楽器の即興で語られる。演奏もさることながら、彼のアレンジャーとしての力量がいかんなく発揮されたアルバムで、ジャズを絶対音楽としてとらえた前作と好対照をなしている。両作品とも、発売元はスモールズ(Smalls)。

Photos in Black, White and Gray: Chris Byars (Tenor Sax、Alto Sax、Soprano Sax), Sacha Perry (Piano), Ari Roland (Bass), Andy Watson (Drums)

  1. Aquarian Epoch
  2. Milton
  3. Safe at Home
  4. Acoustic Phenomenon
  5. Manhattan Valley
  6. Cliff Diving
  7. Riddle of the Sphinx
  8. A.T.

Jazz Pictures at an Exhibition of Himalayan Art (2008): Chris Byars (Tenor Sax, Alto Sax, Soprano Sax, Flute), John Mosca (Trombone), James Byars (Oboe, English Horn), Ari Roland (Bass), Stefan Schatz (Drums)

  1. Better to See You
  2. Tonpa Shenrab
  3. Blues Under the Boddhi Tree
  4. Buddha Shakyamuni
  5. Arhat
  6. Chakrasamvara
  7. Rahula
  8. Just Ask
  9. Whispered Tradition
Top