ベルクソンの記憶と芸術

ベルクソンの記憶と芸術

ここではジル・ドゥルーズ(1925 - 1995)が記したベルクソンの解説をもとに、ベルクソン(Henri-Louis Bergson、1859 - 1941)の記憶の定義から、それを受けて展開される芸術の意味を眺めている。

ベルクソンは運動それ自体の土台となる固定した物質の存在を否定する。運動とは物質的な動くモノではなく、動きそのものなのだとベルクソンは解説する。身体は環境の中に位置するが、環境とはモノが集積する特権的な中心を持たない場所である。運動は身体を中心に作用し、身体は運動により他との交信が可能になる。そのような動きそのものとしての運動による交信は知覚によって行われるが、その知覚に宿るのが記憶である。ベルクソンにとって知覚とは記憶であり、その中に思い出を伴う持続である。したがって物質は空間にだけではなく、時間にも常に関与する。

ドゥルーズは、そのような記憶を「思い出としての記憶」と「収縮としての記憶」へと二分する。科学に基づく量的な差異は、知覚においては質的な差異として現れる働きなのだという前提のもとに、彼は前者を現在と過去との深い断絶として、知覚と思い出との性質の差異であるとする一方、後者を現在と過去とを統合し未来へと開かれる時間的な存在であると規定する。ベルクソンが述べる持続とは真の時間であり、そこでは過去と現在の質的差異や深刻な亀裂が示されると同時に、相互の交感や亀裂を超える力が示される。だがそのような記憶は実際には不可視であり、普段は見えない差異として現れる現実の存在根拠になっている。今知覚される感性的性質の差異の根元で働いているのが記憶であり、記憶は過去からも現在からも、差異を存在させるものとして常に要求され、物質が行う時間との交信に関与する。

ベルクソンはこのような記憶にまつわる差異の概念を手掛かりに、持続としての記憶が抱かえる時間的な観点から芸術を考察する。現実は差異そのものであるとして、それを見ることは不可能だが、その存在は記憶によって示される。今知覚されている感性的性質の差異の足元では、常に記憶が働いている。したがって記憶は過去からも現在からも、差異を存在させるもの、物質の時間に関与するものとして、常に要求されている。

現実にかけられた覆いを剥ぎ取るのが芸術の役割なのだとするならば、そのような隠蔽からの解放という行いを、知覚の拡張だと呼ぶことが可能になる。そのような拡張が可能なのは、知覚に連接する物質世界が未定な要素から成るもので、動きそれ自体によって構成されているからだ。ベルクソンのいう運動とは、物質が動くということではなく、その動きそれ自体を意味するので、運動と時間は離れることなく絡み合いながら、差異を生みだす多様体として新たな持続をつくり続けてゆく。それゆえ持続は新たなものの源泉であり、また創造性そのものであると解釈される。新たなものの予知は不可能であり、その予知不可能な創造性を下地にする芸術は、予見不能性の中にある。

それが予知できないものにせよ、未来へ向かって動いてはゆくが、ベルクソンはその未来を「予見不能な無」であると定義する。予見できる現在の延長でも過去の投影でもないそれは、芸術そのものに類似する。芸術を知性の働きを介して物質へと昇華されてゆくものだとする見方がある。その知性は、すべてを既知なものとして、物質を予見可能なものであると考える。しかし現実の物質とは、細かな記憶しか持たず、そこに新たに何かを加えるわけでもなく、現状をただ反復するという予見不能なものである。こうした捉え方の違いから生じる緊張関係の中に芸術は生まれ存在する。

参考文献
ベルクソンの哲学:ジル・ドゥルーズ、宇波彰(訳)、法政大学出版局、1974

ベルクソンの哲学ベルクソン

Top